*

離婚相談が必要な人

夫の浮気が原因で離婚を考えている。

 

そういった夫婦は日本に結構いるのではないでしょうか?

現在、日本では3組に1組の夫婦が1年間の間に離婚しているといわれています。

これだけ多くの夫婦が年間に離婚をしていると、その離婚理由もさまざまな物があります。

 

最初に例としてあげた、夫の浮気が原因で離婚をするといった夫婦もいれば、夫婦の性格が合わなくて離婚をするといった夫婦もいます。

 

そんな離婚ですが、離婚届けを出せばすぐに離婚できると思っていませんか?

 

確かに離婚届けを出せば、離婚することはできます。

でも、離婚の前に夫婦間で様々な取り決めを行う必要があります。

浮気が原因で離婚の場合には、離婚原因を作った有責配偶者に慰謝料の請求をすることもできます。また、夫婦どちらが子供の親権を持ち、養育していくのかも決めなくてはなりません。

 

そうした離婚に関係する様々な問題を一人で解決することができる人はごく稀です。

少なくない人が離婚について、誰かに相談して、離婚の手続きをします。

 

離婚相談の手引きの解説サイト

 

離婚は、結婚よりも大きなエネルギーが必要になります。

離婚後の生活を考えても、子供を育てながら仕事もすることができるのかと、不安を持つ母親も大勢いらっしゃいます。

こうした問題を少しでも解決するため、または、解決の糸口を見つけるために、離婚相談を使って問題の解決をはかるのはなんらおかしいことではありません。

 

離婚相談では、離婚カウンセラーに相談するのもいいですが、弁護士や行政書士といった離婚に必要な手続きによって、士業の方へ相談するほうがいい場合もあります。

まずは、離婚相談をする上で誰が最も自分の求める答えに応えてくれるのか、それを見極めることが大事です。